小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

春蝉が、今年も又、鳴き始めた!:

春蝉が、今年も又、鳴き始めた!:

茶色一色だった窓からの風景も、いつしか、春風と共に、桜が咲き、春の嵐にあっと言う間もなく、散ってしまい、わずかに、八重桜の花が、今を最後にとばかりに、咲き誇っている。ドウダンツツジの白い花や、山吹の鮮やかな黄色い花も、咲き誇り、若葉も春の温かさに誘われて、やっと、背伸びをするが如く、その新しい芽を伸ばし始め、薄緑色した柔らかそうな葉っぱを伸ばして、そよそよと、風に吹かれている。これまでは、どんな樹木の葉であるかは、ある程度は、推測できても、これだと、決めるには、どうも、自信が持てなかったが、今や、ハッキリと、葉の形で、自己主張をし始めて、モミジの葉であるとか、白樺の葉であるとか、認識されるに至った。柔らかいモミジの葉は、誠に、気持ちよさそうに、横枝を思いっきり、横に伸ばしながら、春風に、浮かぶように、そよいでいる。それを見ているだけで、何とはなしに、こちらの心も、和らいでくるようである。眼からの刺激というモノは、存外、コンクリート・ジャングルの中では気が付かないこうした小さな茶色から、緑への変化を教えてくれて、改めて、脳を刺激してくれるのかも知れない。ひょっとしたら、花見も、新緑の中でのドライブも、呆け防止には、おおいに、役立つのかも知れない、などとも、思ってしまう。気が付けば、どんぐりの花も、今では、無数の房を垂らしているようにも思われる。そんな中、今日、今年も又、ギィー、ギィー、ジージーと、陽が射し始めると、春蝉の鳴き声が聞こえ始めた。これから、初夏に掛けて、ニーニー蝉が出てくるまでは、当分の間は、春蝉の天下である。