小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

ブルーシートを外す:

ルーシートを外す:

春の年中行事である。桜の花が咲き始める頃に、毎年、ベランダのブルーシートを外すことになっている。それにしても、松葉が、凄まじいくらい溜まっているし、土埃というか、泥というか、ブルーシートの表面には、茶色く、土が、固まっている。水溶性の塗装を塗ってあっても、なかなか、ベランダの表面というモノは、こんなにも自然の猛威に曝されるモノなのであろうか?シートをデッキ・ブラシで、擦るとどす黒い水が、流れる。これでは、やはり、高圧洗浄機で、一挙にシートも、ベランダの汚れも、落とした方が良かったかも知れない。シートを干す作業も大きいから、大変な作業である。GWには、再び、天気の良い日を見ながら、もう一度、行わなければならないか?そして、夏場には、塗装を施すことにしよう。これも又、ペンキ塗りも楽しいものである。松の林が、一斉に、花粉を落とし始める前にやらないと、今度は、黄砂と見間違えるほどの大量の黄色い花粉に、車もベランダも蔽われてしまうことになりかねない。これも又、年中行事だから仕方ない。去年のビオラが、花を咲かせてきたので、こちらも、移植しなければならないし、結構、年中行事が、目白押しである。畑や田んぼをやっている人達は、さぞや、もっと、忙しいことであろう。