小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

ラザニアを作る:

ラザニアを作る:

新ものの玉ねぎが本格的に出てきたので、挽肉と玉ねぎとトマト缶を活用して、まずは、ソースづくりである。多目に作り置きしておけば、残りは、パスタにしてもよろしい。これも又、残り物であるが、以前作ったラザニアが、箱の中に、まだ、10枚以上、残っている。まぁ、乾燥しているから、使用可能である。これに、ホワイト・ソースと、とろけるチーズを交互に、挟みながら、層を重ね合わせて、後は、オーブンで、加熱するだけであるから、それ程、手が込んでいるというわけではない。仕上げは、粉状のパルメザン・チーズ(これからは、EUの産地規制から、パルメザン・チーズという名称が使用できなくなるそうであるが、、、、)を振りかけておけば、適当な焦げ目がついて、美味しそうに仕上がる。何せ、オーブンは、鹿本に強い味方である。マカロニ・グラタンもこの手で、ゆけば、これまで、ほぼ、問題なく、仕上がる。恐らく、焦げすぎなければ、ほとんど、85点以上の出来映えなので、加熱時間さえ、途中で、色目を再確認しておけば、間違いない出来映えが保証されようか?おおいに、男の手料理には、大変便利で、しかも、強い味方である。