小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

年寄りは、教養と教育だそうである:

 

年寄りは、教養と教育だそうである:

 

小学校のクラスメートが、先日、面白いことを言っていた。年寄りは、教養と教育だそうであると、もっとも、教養を積めとか、教育が大切であるという意味ではなくて、どうやら、「今日、行くところがある、きょうよう」であり、「今日、用事があるという、きょうよう」だそうである。成る程、今日は、何処へ行ったら良いとか、今日は、何をしたら良いかを考えるとかではないらしい。実は、よく考えてみれば、居場所がないと言うことも、問題だし、何をすべきかが分からないのでは、確かに、困ってしまうわけである。その意味で、この言葉の意味を考え直すことは必要なのかもしえない。果てさて、明日は、何処へ行き、何をすべきなのか、、、、、、、。常に、考えておかなければいけないのかな?居場所がないなんて、言ってはいられない、、、、、、。成る程、納得してしまった。