小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

木村文乃という女優

 

梅ちゃん先生堀北真希は、既に、「三丁目の夕陽」シリーズで、その六ちゃんを演じた時から、ある程度は、注目していたが、朝ドラには、随分と、色々な脇役の中で、若手の積極的な登用が、観られて愉しみである。成る程、以前、気になる俳優として、佐藤光男役の野村周平について、述べたが、夫役の松坂桃季もさることながら、下村静子役、(梅子の義理の姉役)の「木村文乃」という若い女優が、一寸、気になる演技をしている。演技とは異なり、本人は、明るい性格であるそうであるが、一寸、陰りのある演技で、静的な演技が、なかなか、効いているような感じがしてならない。それにしても、脚本家というモノは、突然、俳優を、予想だにしない理由でもって、消し去ったり、或いは、突然、再び、持ち出してきたり、、、、、。そういう中で、俳優とは、一途に、その役に徹して、演じるのであろうか?木村文乃という女優が、どういう演技を今後してゆくのか、分からないが、「Aスタジオ」に垣間見られた素顔からは、今後に、期待しても良いのではないだろうか?