読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

エアビを、日本人客も利用し始めてきた:

社会戯評

エアビを、日本人客も利用し始めてきた:

驚いたことに、エアビでの予約活用に、いよいよ、日本人も参入し始めたようである。もともと、海外インバウンド向けに、英文で、設定していたにも関わらず、どうやら、外人観光客だけではなくて、海外在留日本人や、日本に住んでいる純粋の日本国籍の人達が、サイトを観て、予約を入れてくれることになってきたようである。考えてみれば、逆に、日本人が海外旅行に出掛ける時に、エアビを利用していれば、成る程、その又、逆も可也であることは、決して、不思議なことではなかろう。インスタグラムなどと云うものも、これまでは、どうしても、オジサンには、プリクラのようなデコレーション写真は、どうしても、文章中心の、言葉中心の世代だから、どうも、馴染まなかったけれども、マーケティングの観点からすれば、若い女性の感性に、共感して貰えれば、必然的に、男性の方は、自ずと、ついてくるものであろう。そう考えれば、まずは、女性のファンを拡大する方策が、緊急、且つ、不可欠な必須要件なのかも知れない。そう考えると、料理やサービスの質を落とすことなく、しかしながら、その量や、女性の好みを重視したメニューの開発も、考慮しなければならなくなることでしょう。現代の若い女性の感性というモノを、十分理解して、こちらも、対応しなければ、どうやら、いけないようである。随分、様々なことを教えて貰うことになってきたのは、驚きでもあり、良い刺激であることは、どうやら、間違いないようである。