小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

農家民宿の再生に挑む:

農家民宿の再生に挑む:

GWの最中であるから、少々、こちらも、実は、休みを取らせて貰って、ブログも一休みと言ったところである。もっとも、こちとらは、毎日が、日曜日の日帰り温泉施設湯治客であるから、実際、世間様の休みとは、おおいに、異なるのであるが、、、、、、。折角の空いた時間を、ボランティアで関わっている活動に、少しでもお役に立てればと思い、無償勤労奉仕の無料で、英文HPの開設と、Airbnbへの英語版登録による海外旅行インバウンドへの宣伝を、開始する準備を、行ってみました。色々と、オーナーに話を伺ってみると面白いモノである。やはり、コンテンツというやつは、そこに暮らしている人間は、存外、その価値を認識していないものなのであろうか?むしろ、私のようなよそ者の方が、或いは、外人の方が、より客観的な価値を、評価出来るのかも知れません。誠に、皮肉なことである。最近判ったことであるが、Airbnbを利用する客の中に、海外の観光客だけでなくて、一般の日本人も、これを活用する事例が、急激に、拡大していることが、何件かのインタビューでも確認されました。日本人というものは、実に、面白い人種である。外人が評価すると、或いは、価値を再認識して戴くと、改めてこれまでの『捨て去られていた価値の再認識』をするようである。そして、いち早く、これに気が付いた者こそが、素早く、ビジネスに、結びつけてしまうようです。専門的な知識しか持ち得ていない分野にも、無料で、コストをかけないでも、簡単に、インターネットで、IT技術を駆使すれば、英文HPも、出来上がってしまうことは、実に、驚きである。全く、見様見真似で、誰にも相談することなしに、それなりのコンテンツと、オリジナル差別化可能なコンセプトを独自に、盛り込んだ英文HPが、いとも簡単に、数日の間で、出来上がってしまうものである。『信州交流の駅構想』にも、参加予定の10都市にまたがった独自のITプラット・フォームを構築すれば、何も、大手の楽天や旅行会社にも負けない独自の『ヒトがやってきてくれて、お金が落ちて、地域に循環して、雇用や、ネット販売のチャンスが生まれれば、』決して、夢物語ではないことは、間違い、そのような強い確信を抱くようになりました。衰退した50年前の農家民宿も、ひょっとして、都市の便利なビジネスホテルに飽きてしまった若いビジネス客や、昔学生時代に、滞在した、今では引退したお客さん達も、孫を連れても、やってきてくれるし、そういう層を取り込める可能性は、多いにあるように考えました。今度は、英語版のみならず、このベースになった日本語で、作ってみても宜しいかも知れませんネ。そして、今度は、小諸に来た人が、武石村にも、或いは、他の村にも、共通のプラット・フォームで、往き来する『ヒトの交流』が生まれれば、大いなる悦びです。その意味で、休み期間中に、わざわざ、駒ヶ根市小諸市にまで、脚を運んで直接面談で、意見交換して戴いた、名古屋大学の遠藤准教授には、オープン・データに関する様々なアドバイスを戴き、感謝すると共に、早速、1000円程度のビーコンを活用した須坂で、実施済みの観光コンテンツを、こちらでも、独自に、活用してみたいと考えています。年寄りには、『今日やること、用事が、出来ると、』元気になるものです。兎に角、自分で出来ないところは、出来るヒトのノウハウを最大限に活用・協力して貰い、一歩でも、前に、進みたいと思っています。営業開始日が確定次第、二つの英文サイトが、アップされます。お楽しみにしていて下さい。