小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

仮想コインの危うさ:

仮想コインの危うさ:

海外送入金の時に、いつも、銀行の手数料が高く感じられることは、こういう一種の保証料のようなものなのであろうか?それにしても、中小企業の場合にでも、一定金額の出し入れを伴う場合には、必ず、複数の人間による相互監視なり、相互複数承認が必要になることは、ネット・バンキングでも当たり前であるのに、そんな当たり前なことも、設立当初から、ビット・コインには、適用されていなかったのであろうか?俄には、警察発表の信憑性を信じることが出来ない。仮に、そうであるとすると、こうしたコイン消失も、自作自演のハッキングと云うよりも、業務上横領の詐欺師、被害者から、容疑者へと、更には、犯罪者へと、なり得る可能性を秘めている。更に云えば、金融IT技術の進歩を伴った善意の改革も、結局、こういう事件によって、規制やら、許可制、ライセンス制という形でのある種の預金者(?)保護のような制度が、やはり、必要になってくるであろう。こういう場合、被害者の損害賠償責任は、確実に、裁判で、データ解析、検証により、実証されない限り、迷宮入りしてしまうのであろうか?別に、利用者でないから、被害が云々ではないが、マネーロンダリングに悪用されたり、様々な問題を孕んでいようが、健全な形での海外銀行手数料のような改革は、相変わらず、先送りになるのであろうか?そういう観点から、この事件の究明が待たれる。仮に、これが、真実であるとすれば、被害に遭った人達は、悪夢を見ているようなものであるのか?都合のよいときには、通貨になり、都合が悪くなれば、仮想のコインであって、通貨ではないとか、、、、、、一種の「仮想上での悪夢」とでも云えよう。