小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

約40年ぶりに酒を酌み交わす:

約40年ぶりに酒を酌み交わす:

毎年、年賀状では、曲がりなりにも、やり取りをしているから、おおよその生活ぶりは、想像可能であるものの、やはり、約40年ぶりくらいに、再会して、酒を酌み交わしてみると、人生、色々と、あるものであると感じる。もう3人とも、現役を引退しているから、いつでも、逢えると云えば逢えるようであるが、そうでもなさそうである。何でも、3-4年前から、人工透析を受けていて、週三回、毎回、4時間程をベッドに横たわらずを得ないそうである。現役の人が、人工透析を受けながら、働くと云うことは、如何に大変かという事はある程度、想像できていたものの、やはり、引退しても、それでも、関係無いようである。成る程、健康管理というモノは、とにかく、一番の関心事であることに間違いない。この歳になると、何処かしら、身体に不調をきたしてくる。現役時代の長年の無理が、金属疲労のように、身体をじわじわと、侵し始めるものである。元部下が、くも膜下出血で、植物人間になって、80歳になる母親を残して、独身で、未だに意識が戻らず、ベッドに寝たきりの状態であるとか、何とも、どんなに、一生懸命に、働いて、組織に貢献しても、自分が健康を害して、とりわけ、命に直接関わるクリティカルな突発的な病気に襲われることは、全く、何とも、云いようがない不条理であろう。結局、この友人も、人工透析を受けざるを得なくなり、その結果、仕事と命のどちらかを選択せざるを得なくなり、結局、独立してやっていた事業も、銀行の貸しはがしにより、自己破産、離婚と、何とも、やりきれない人生の転変である。それにしても、人生の節目、ライフ・サイクルの節目とは、自分で、果たして、その瞬間、瞬間で、的確に判断出来るものなのであろうか?少なくとも、云えることは、後から、時間を逆廻しにして初めて、可能なのであって、その瞬間には、案外、分からないものであろうか?それが分かっていたら、あんなに、無理してがむしゃらに、働かなかったものを、、、、、、、とも思われる。病気になって初めて、健康の有り難みが分かり、或いは、家族と別れて、両親や兄弟・姉妹を亡くして初めて、過去の時間の共有を想い起こすものであると、何でも、人工透析を始めるときに、医者から、精神科の受診を義務づけられて、まず、命に対する根本的な人生観の修正をせまられたと、つまり、自分一人、勝手に、自由に仕事に生き、勝手に突然、死んでしまっても構わないと言うこの考え方を究極の選択から、矯正されたそうである。そして、長年の喫煙習慣も辞めて、週三回の人工透析専念と健康管理を約束させられたそうである。何とも、他人事では済まされない。白内障の初期症状を呈し始めている様子だったので、私が、処方されている眼薬の名前と、眼科検診を強く、要請しておいた。話は、結局、健康、家族、仕事、空き家、独居老人、政治談義などへと拡がり、あっという間に、3時間が過ぎてしまった。今後は、時間の許せる範囲、定期的に、集合して、この次は、小諸の温泉で、ゆったりと、血圧を下げながら、信州蕎麦などを食べながら、一杯やりたいものであるという事に決して、又の再会を期して、別れてきました。それにしても、もう、50年余りの付き合いだから、お互い、髪の毛の色と量は、推して知るべしであるが、気持は、昔のままである。こうした付き合いは、長く続けたいものである。