小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

今年も、白梅が咲き始めた:

今年も、白梅が咲き始めた:

ご近所の紅梅は、もう、すっかり、満開一歩手前にまでなってしまったが、我が家の白梅は、やっと、枝先の陽当たりの良い先端が、空に向かって、開花し始めたばかりである。これから、一雨一雨毎に、蕾が膨らんで、開花することであろう。もう、冬もやや、峠を越え始めていることが、この植物たちの動きを眺めていると、そんな季節の変化に、気付かされる。以前植栽した小さなジュリアンも、目一杯に、その花々を狭いプランターの中で、押し合いへし合いしながら、今や、咲き誇っている。こちらは、春が近づくにつれて、衰えてゆくのが、通例であるが、白梅の方は、暖かさが増すにつれて、ますます、元気になってゆく。当分は、こうしたせめぎ合いの中で、今度は、白い雪柳と白木蓮の花が、次の主役として、控えている。白木蓮の固い蕾も、徐々に、膨らんできているような気がしてならない。いつ頃になったら、固い茶色の固い殻を脱ぎ去るのであろうか?知らぬ間に、庭の小さな雪柳の蕾も、心なしか、膨らんできたような気がしてならない。春も、もう少ししたら、やってきそうである。