小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

イー・タックス申告完了:

イー・タックス申告完了:

毎月、青色申告会のブルー・リターンAで、PCに蓄積しておいたデータをチェックして貰い、且つ、確認しているので、実に、申告も還付も、以前に較べると簡単になったものである。今年も、早々と、年明け、1月末には、ほぼ、昨年度の帳簿が、インプット完了し、一部、カード払いでの個人分と経費分の割り振りが、キャリー・オーバーされる時点で、誤差が出るのは致し方ないが、それも、次年度の頭で、補正が可能なのであるので、全く、数字的には、問題ない。なかなか、このシステムは、優れもので、何故、多くの人が利用しないのであろうかと不思議に思うのは、私一人だけであろうか?しかも、保険料の証明書や源泉徴収票も、今や、オンラインになっているので、数字を打ち込めば、自動的に、税務当局に蓄積されているデータ・ベースで簡単に検索・追跡出来るので、領収証を保管しているだけで、分厚い資料を紙の申告書に、煩わしく、添付することもない。一度、この手続きで、イー・タックス申告すると、これまでの煩わしさは何だったのかとも思わざるを得ない。資産の減価償却なども、自動的に、来期に、PCが、自動計算してくれて、繰り越しでき、又、再び、1月1日から、改めて、新たな会計年度が、始まるわけである。しかも、還付の場合にも、前年と同じ口座であれば、自動的に、これも又、処理してくれて、全く、有難い話である。後は、還付という果報は寝て待てではないが、今年も、葉書による還付の通知を待つばかりである。