小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

3位と4位の差とは?:

 

3位と4位の差とは?:

 

上村愛子選手が、又しても、表彰台を逃したという。自分が納得した滑りが出来たのであるから、仕方がないではないか?そういうと、アスリートの気持ちが分かっていないと言うことにでもなろうか?勝負事は、結局、順位を競う以上、冷徹に、端から順位の席をところてん式に、押し出されて行ってしまうわけで、フィギュア・スケートのまさに、Kiss & Cry で仕方の無いことであろう。一秒単位での鼻先の差を争い、まさに、紙一重のところで、天国と地獄を見るわけである以上、致し方のないことなのかも知れない。何分の一か、否、或いは、100分の1か、1000分の1か、ほんの僅かの差こそが、まさに、アスリートの命を争う場である以上、結果は、残念乍ら、峻厳なものでしかない。そこには、勝負の女神が、たまたま、気まぐれに、ほんの少しの幸運を、あげなかっただけのことなのかも知れない。ちょっと、順番を間違えてしまったのかも知れない。そうでも思わなければ、この悲運としか云いようのないアスリートを慰める言葉は、何処にもないであろう。一発勝負に、懸けるアスリートは、それでも、実力を遺憾なく出せるものと出せないものと、メンタルなものであるという一言で、終わらせれば、それこそ、万事、簡単なことではあろうが、なかんか、そうならないのが、人間臭くて、観ている方は、面白い。やっている本人は、人生の一瞬を燃焼し尽くすのであるから、それこそ、命がけで、大変ではあろうが、、、、、、。むしろ、こうした貴重な経験こそを、今後の指導者として役立ててもらいたいものである。ワールド・カップで、活躍できても、なかなか、オリンピックでは、金メダルというものは、難しいと云われているが、その重圧をはねのけて、実力通りに、結果を出せる人間は、本当に、ごく一握りなのであろう。それが、所謂、プロという人間なのかも知れないが、、、、、それにしても、若い頃から、長い間、ご苦労様でした。ゆっくり、夫婦2人で、仲むつまじく、しばらく、ゆっくり、休んでもらいたいものであります。一体全体、3位と4位という差とは、競技の中で、何ほどのものなのであろうか?そして、それは、彼女の人生の中で、どれ程の差が、それだけの価値があるのであるのであろうか?それとも、その差の中から、学ぶべき何かがあるとしたら、一体、それは、何なのであろうか?メダルを取り損ねた者という名誉の称号も、宜しいではないだろうか?それとも、そうではないのだろうか?観る側は、何でも、云えようが、、、、、。