小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

今時のアプリを初めて使ってみた:

 

今時のアプリを初めて使ってみた:

 

兎に角、多機能・高機能とは、機能が多すぎて、高度すぎて、年寄りには、うまく使いこなせない。PCならば、いざ知らず、タッチ・パネル上に、指で、アプリを起動させて、使用するのは、マウスでクリックするのとは訳が違う。従って、ある種スマホのアプリは、自分にとっては、宝の持ち腐れである。そうはいっても、折角、装備されている以上、勿体ないので、試しに、初めてゆくところまでの地下鉄の経路と時間など、マップも起動させて、トライしてみることにした。WiFiにすると、自動的に、GPSで位置情報が正確になり、歩きながらも、正確な位置が分かるらしい。まずは、行く場所の地図情報の検索と鉄道経路と出発・到着時間などの確認を行なう。成る程、いやはや、すごい機能、優れものである。徒歩の時間までも含めて、何処で、乗換すべきかも、幾つかのメニューが選択可能である。電車を降りて、再び、起動すると、今自分がいる場所が、分かるから、地図から、指で、ズームしたり、移動したりして、位置の再確認を行なうと、確かに、迷わなくて済む。いやはや、すごいことになっているものである。年寄りにも、使えることが分かった。すると、今度は、メールで、運動量のカロリー計算可能なアプリは、如何がですかと案内が、入ってきた。便利とは、裏腹に、すごいことになっていることが再認識された。アプリ慣らし運転中である。それにしても、選択オプションを選ぶと、色々な経路が示されるが、「人生」もそんなオプションが、幾つか選択肢が用意されていたら良いのになぁと思うのは、年寄りのひがみだろうか?便利な機能とは別に、GPS機能は、個人情報の管理・漏洩にも繋がると言われているが、一度、美味しい高機能の味を知ってしまうと、年寄りには、堪らない魔法のような誘惑であろうか、、、、、、、。次は、カロリー計算ですか?便利さを初めて知った人間には、まるで、それは、思考上のコペルニクス的な展開であった。