小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

通販宣伝での「思い込み」という罠;

 

通販宣伝での「思い込み」という罠;

 

何気なしに、新聞広告に目をやると、何やら、陳建一が、「今だからこそ、僕の中華を食べて下さい」と写真入りで、鉄人の称号を使用して、「晩ご飯はこれで決まりだ」とばかりに、本格中華の6品が、表示されていて、3品、6300円、何と最大、2835円お得であると、強調されている。よくよく見ると、すべて、冷凍品である。「僕の愛情が詰まった本格中華、是非、ご家庭でお楽しみ下さい。」と、いかにも包丁を握って調理しているように思える写真が、こちらに微笑みかけている。これが、レストランであれば、まあ、全部の料理工程を料理するわけではなかろうが、多少は、レシピーから、味付けまで、総料理長として、監修しているのであろうかとも思ってしまうが、流石に、冷凍食品となると、一体、全体、「何処で、誰が生産しているのであろうか?」販売する会社は、昔、取引のあった会社であり、社長の性格も、よく知っている。いやはや、宣伝の言葉というものは、魔法のようなモノで、面白いものである。ヒョッとしたことで、思い込みやイメージが、消費者には、すり込まれてしまうモノなのであろうか?余程、電話で、製造工場は、何処ですか?陳建一は、何処まで監修しているのですか?と尋ねてみたくなった。手抜きなんて言わせない!というキャッチフレーズも、なかなかなものである。「物事の本質を捉える」などと言うものも、これに似たものなのかも知れない。意外とある情報とある情報だけで、単純に、繋がってしまうと、まるで、手品のトリックが、注意を別の所に、意図的に、導く間に、サッと、取り違えてしまうかのようなモノなのであるのかも知れない。それは、まるで、オレオレ詐欺や特殊詐欺のようなモノなのかも知れない。どこかで、その情報を裁ち切って、一度、「自分を客観視するプロセス」が、介在しないと、そのトリックや罠に落ち込んでしまうのであろうか、、、、、、。この種の手法には、非常に巧みな思い込みを利用した販売マーケティングが、潜んでいる。外部委託工場で製造されているのに、「自家製」と表示されたり、「鮮魚」が、冷凍だったりと、表示の見直しではなくて、自分自身の中での情報との闘いを確立していないと、結局、どこかで、やられてしまうのかも知れない。新聞広告を見ていて、そんな思いがしたが、どれ程の人が、通販で購買するのであろうか?おまけに、購入者には、特典として、抽選で、陳建一によるスペシャル・ランチへのおもてなしのチャンスがあると書かれていた。