小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

一寸気になるCM:

 

一寸気になるCM:

 

CMに出てくる商品と俳優との闘いは、商品よりも、時に、演じる俳優の方が、優ってしまう場合が、多々あるであろう。トヨタのSAICMに出てくる女優の真木よう子も、その例に漏れない。洗練された赤い色のハイブリットのSAIは、これまでの車のイメージの家族とか、優しさとか云ったイメージから、全く異なったやや、危険な香りのする大人の夜の色気と与謝野晶子の恋歌を引っ掛けた(?)むしろ、おちょくった感が否定しきれない「柔肌の熱き血汐に触れもみでさびしからずや道を説く君」、「口説きなさいってこと」、、、、、「意地悪しちゃうから、、、」。そして、「いい男には、色がある。、、、、」と、小さく表示される。これはもう、車の宣伝よりも、むしろ、真木よう子の魅力の一つを引き出してしまったかのようである。しかも、車の魅力にやられてしまうよりも、むしろ、女優、真木よう子の新たな魅力に、してやられてしまった感が否めない。車のイメージをやや、異なる局面から、女優の魅力を如何なく利用して、アッピールして見せたことは、どちらの側にとって、メリットがあったのであろうか?もっとも、私には、演じた女優の方が、優っていたのではないかと、きっと、与謝野晶子も、内心、短歌の解釈とは別にしても、実は、そう思っているのではないかと、思えてならないが、、、、、、、、、。ビッグの10億円CMも気になるので、これは、又、後日、、、、、、、、。