小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

信濃毎日新聞、「怪しいTV欄」:

 

信濃毎日新聞、「怪しいTV欄」:

 

全国紙では、なかなか、読むことの出来ないコラムが、結構あるものである。その中の一つに、放送作家の町山広美女史による「怪しいTV欄」なるコラムである。その時々のテレビ番組や出演者に間して、一種の世相を斬るような切り口は、なかなか、面白いモノがある。最近では、坂上忍を、山城新伍に、模して、コメントしているところが、興味を引いた。成る程、潔癖症であり、結婚できない芸能人の代表格でもあり、男性優位の価値観や芸能人特有の価値観を正々堂々と口にするこの元子役上がりの、一時は、鳴かず飛ばずだった俳優を称して、「空気を読まない振りをして、実は、空気を読み込んで引っかき回ている」と、まあ、山城新伍の領域にまで、達するかどうかは、分からぬが、ベラエティーやお笑い番組を視ていても、最近では、いじりとか、いじられ役とか、トークが拡がり、転がって行く為の着火点的な役割を誰が、担い、そして、誰に振るのかと、まるで台本が、密かに、しっかりと煉られている場面では、確かに、こういう役どころの人物が、担う価値は、多いに、番組的には、大きいモノがあるのであろう。最近では、有吉先生も、すっかり、先生・教授と、祭り上げられてきて、もはや、かき回す役割から、コンダクターのような立場へと歩を進めて来つつあるようにも思えてならない。一度、業界の公式定理なるモノを素人である視聴者が、理解してしまうと、一体、その番組は、どんな価値が、残るのであろうか?それは、まるで、手品のトリックをあかしながら、やるようなモノで、本来であれば、その種明かしをしながらも、最期には、再び、謎の迷路に、立ち戻るかのような手品的な番組を期待したいものである。そんな役回りの出来るタレントは、今日、誰なのであろうか?ひな壇芸人達も、やや、パターン化されつつあるようにも思えてならないが、、、、、。コント作家とか、放送作家という職業も、時代のトレンドに合わせて、大変なものであることが分かろう。