小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

焼きりんごを作る:

 

f:id:nkmrimc:20131101140203j:plain

 

焼きりんごを作る:

 

ずいぶんと、久しぶりのデザート作りである。旬のシナノ・スウィートを原料に、いつもは、りんごの「コンポート」を作るのであるが、今回は、新たに、より簡単で、しかも、失敗がほとんどないであろう安全確率の極めて高い「焼きりんご」とした。子供の頃食べた焼きりんごを想い出す。用意するのは、極めて、簡単である。耐熱容器に、りんごと各種ソースを配合した上で、200度、30分もベイクするだけである。まずは、りんごを横に、真二つにカットし、中心の芯と種の部分をナイフで、くり抜き、念の為に、スプーンで、丸く補正修正しておく。そして、その中に、常温で置いたバターをひとかけら、ラム酒と(グラニュー糖が、なかったので、三温糖)を使用して、シナモン・パウダーを振りかけておく。たまたま、ラム・レーズンを作っておいたものが残っていたので、その液をも活用する。後から、食味した感覚で云えば、りんごの皮は、事前に、剥いておいても、良かったかも知れない。もっとも、フォークで、突き刺しておくのも、必要だったかも知れない。後は、ベイクした後で、アイスクリームを熱いうちに、乗せて、食べるだけのことである。これならば、若いパパでも、子供と一緒に、ママのお誕生日にでも作ってみたら、大受けは間違いないであろう。それ程、安全・成功の確率は、高いものである。彼女も、彼氏のために、ちょこっと、作ってみたら、絶対、コロッと、やられることは、間違いなさそうである。写真は、アイスクリームを載せて、食する前の段階である。実に、美味しかった。詳しいレシピーは、クックパッドに、各種記載されているので、ご参考まで、「焼きりんご」で、検索可能です。