小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

うつの起源:

 

うつの起源:

 

成る程、52千万年前の魚の脳の中の小さな「扁桃体」にまで、その起源は、遡るのか?本来、天敵から身を守る為に、素早く筋肉の活性化を促すストレス・ホルモンが、独自に、暴走する結果、今日の「うつ病」を惹起することになろうとは、、、、、。それは、進化の過程で、高度な集団生活と社会性との狭間の中で生じうる特殊な環境や「不安・恐怖」から、「孤独」にも作用し始め、本来時間の経過とともに、忘れ去られるべき海馬の中の「記憶」にすら、そして、それが、更には、声を発するようになってから、その「言語」コミュニケーションを通じて、不安や恐怖自体が、蓄積されるようになろうとは、、、、、。本来、「平等」であった「獲物の分配」を前提とした「狩猟」という集団行動から、やがて、それは、「農業耕作」へと発展してゆき、備蓄という形での「富の蓄積」と権力・支配者、被支配者、「貧富の誕生」という皮肉な結果に、至って行くことになる。そして、本来、公正・公平・平等であった日常生活が、不平等・富の配分の偏り・職業の分化など、人類に「心理的なストレス」を与える、明日への不安感・絶望感など、心的ストレスが、どんどん、暴走を繰り返して行くことになり、それが、やがては、魚でも、チンパンジーでも、ヒトでも、共通した症状である、「うつ状態」へと導くことになるらしい。こうしたストレス・ホルモンの異常な高い数値により、脳はやがて、神経系統に栄養が行き渡らなくなり、萎縮して終うそうである。もっとも、この理屈からいけば、余程の「原始共産主義社会」か、何やら怪しい宗教による文明を否定する「原始共同体」社会でない限り、救済されることも、治癒することもなさそうであるが、そうでもないらしい。脳の扁桃体への電磁波によるショック療法は、別にしても、薬物療法だけでは、どうみても、治癒は不可能であろう。むしろ、日常生活での「規則正しい生活と適度な運動」、生活改善の試みとか、分かち合いやお裾分けの文化等も、他人への日常の挨拶や話しかけなども、有効なのだそうである。暗くなったら、床につき、夜更かしせずに、眠る、陽が射してきたら、朝日と一緒に、起床するとか、冷や汗ばかりかいていないで、たっぷり、お陽様を浴びて、心地よい汗をかいて、肉体的に疲れたら、昼寝でもして、適当に、美味しいお酒を飲んで、多いに、他愛ないお喋りをして、農作業をして、、、、、と、この仮説的な理屈が、当たっているかどうかは分からぬが、今や、マルクス経済学者も、「平等・公平」と言う観点から、理論の再構築を図る必要があるのではなかろうか?中国やロシアに於ける国家的な宗教の再利用(ロシア正教や儒教の復古)とか、再検討の動きには、こうした仮説・観点からの分析も必要なのではなかろうか?それにしても、自分の判断で、仕事の出来るヒトは、上司の命令で、仕事を強いられるヒトに較べて、うつになる率は、少ないそうである。職業の違いも、影響することになるそうであるが、そう言えば、最近では、フーテンの寅さん的なヒトは、もう、絶滅してしまったのであろうか?やはり、勝手気ままに、我が儘放題の社長業が、一番、ストレスがないのであろうか?それとも、脳天気に、大海に漂う葦の草の如く、身を任せているのが、一番なのであろうか?(考える葦に怒られてしまうが、、、、)或いは、貧乏でも、明るく、暮らせる術があるのであろうか?それにしても、多くの人達が、今日、苦しんでいるものであることに、驚かざるを得ない。それでは、これから、一風呂、日帰り温泉で、汗とともに、ストレスも流しにでも行くとしようか?