小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

小諸、ほんまち藏出し市、商家ギャラリーめぐり:

 

小諸、ほんまち藏出し市、商家ギャラリーめぐり:

 

ほんまち蔵出し市と称する歴史的な建物の公開も兼ねたギャラリー巡りである。江戸時代の建物や、大正時代に建てられた旅館、明治期に建てられた銀行、軒やうだつや、随分とこだわりが見てとれる。豪商の白壁の藏や、豪商邸宅の中庭の景観、商家の当時の趣を漂わせる雰囲気など、なかなか、普段、車では、見過ごしてしまうような建物を、こうして、各分野での工芸品を展示するギャラリー形式で、ゆっくり、歩きながら、のんびりと、見て回れるのは、なかなか、貴重な機会である。信州小諸ふ~どまつり・骨董蚤の市との同時開催ではあるが、歴史的な建物の保存とその具体的な活用事例の提案は、これからの地方都市の観光も含めて、おおいに、検討に値するものであろう。それにしても、駐車場の確保と一休みする場所の、お茶でもできる瀟洒な場所の確保も、重要な配慮であろうか?こういうきめ細かな観光客への配慮も、大切なことであろう。四季折々に、異なる作品を今後とも見てみたいものである。それにしても、どのように保存と公開と日常生活への取り込みを行ったら良いのかは、なかなか、難しい問題であることは事実であろう。