小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

軽井沢、馬越ゴルフコース9Hで、リハビリ・プレー:

 

軽井沢、馬越ゴルフコース9Hで、リハビリ・プレー:

 

今年、8月21日に、和美GCで、ショート・ホールで、リハビリ・ゴルフの試し打ちで、ショート・アイアンがつけえるめどがついたものであるから、今日は、女房殿と一緒に、いよいよロングに、挑戦である。といっても、まだ、自信がないので、当面は、9Hでのプル・カートでの歩行訓練も兼ねたドライバー中心の予行演習でもある。MAGOEと読むところを、ナビで、一生懸命に、MAGOSHIと入れるものだから、機械は、馬鹿正直に、全く認識せずに、困ったものである。まあ、和美GCの手前だから、何も、ナビを使用しなくても行けるが、女房殿に、言われて初めて、読み方が違っていたから、検索ができなかったとは、何とも、情けない。さて、本日の課題は、まずは、ドライバーの試し打ちで、次に、ミドルアイアンの試し打ち、最後は、クリークのテスト、パットは、出たところ勝負で、、、という具合に、目標設定の優先順位付けである。もう、無理して、腰の回転で、球を飛べせないので、パー4は、とにかく、第3打勝負のアプローチで、ピンそば、ワンパット圏内に、つけて、最初からボギー狙いでという、算段である。後は、2パットで、、、、、。ボギー上がりというところである。何せ、若い時でも、13-16のハンディどまりだったから、そこから、割り引いても、もはや、ワン・クラブ上でしか、同じ距離が出ない以上は、ベストが、パーではなくて、常に、ボギーなのである。従って、まずは、ドライバーで、最低、200ヤードは、フェアウェイ・キープで、第二打のアイアンで、グリーン周りへと、そして、アプローチ勝負で、後は、パット次第、、、、、、、。ダメなら、ダボ、、、、、、、、。まずは、力を抜いて、ドライバーで、ナイス・ショット、そうそう、それから、もうこれからは、女房殿に合わせて、レディース・ティーからにしようかと思っています。別に、コンペに出るわけではないので、、、、、。結局、第2打を5番アイアンで、腰の回転がままならず、多少ひっかけ気味に、左へ、バンカー手前に、そして、アプローチで、3オン、2パットで、ボギー上がり、その後も、目標のドライバーは、かえって、力が入らないので、ミート中心で、快音が続き、ほとんど、3オンペースで、結局、9Hのうち、ボギーが、4H,パーが、2H(うち、一つは、ショート)、ダボが、2H,トリプルが、1Hで、合計;45(パー34のところを)、もっとも、パターが、21と多めで、3パットを4回繰り返してしまいました。これは、今後の課題ですね)全体的には、まあまあでしょうか?女房殿も、48と、ボギーが、5つと、ダボ3つと、トリ1つで、パーがないのは、残念至極と申しておりましたが、、、、、。それにしても、久しぶりのプルカートで、引っ張るのに、重くて、苦労しました。アメリカでは、若かったから、全然、問題にならなかったのかもしれないが、いやはや、年齢を重ねると苦労するものですね。これで、いよいよ、電動カートでの来月は、18Hでの挑戦です。日差しが途中から出てきて、長袖では、汗ばむくらいの暑さになりました。久しぶりに、プレー終了後、クラブを水洗いする機会に恵まれました。予約なしに、フラッと、手軽に、ゴルフがやれるのは、フェアー・ウェイが多少、荒れていても、ありがたいものである。