小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

人口動態統計におもう:

 

人口動態統計におもう:

 

日本の人口が、少子高齢化の影響で、徐々に、減少傾向であるのは知っていたが、改めて、統計調査の結果を読むと、なかなか、難しい問題が見え隠れしていることが、再認識される。既に、6年連続で、自然減更新中であると、とりわけ、65歳以上の人口が、3000万人を突破しつつあり、この調子では、4人に一人から、へたをすれば、3人に1人の割合へと、遠からぬ将来、なりそうである。女性の子育て支援とか、iターンとかの施策だけではなくて、もはや、根本的に、高度な技術を有する海外技術者だけでなく、本格的な移民政策も真剣に考えていかなければ、親富裕層は、一抜けたとばかりに、人口の減少する日本を後にして、富の拡大する発展する国へ、税金の安い国へと、まるで、力王の地下足袋の生産地の変遷に負けずとも劣らない渡り鳥の旅をすることになり、結局、誰が、この国を支えて行くことになるのであろうか?富を生む政策、広く循環する政策が構築されない限り、時間は、待ったなしに、あっという間に、10年くらいは、過ぎてしまい、御輿の担ぎ手も歳をとるだけならまだしも、いなくなり、肩車状態になってしまうのは、明かである。