小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

ドコモの携帯の流出が、止まらない!:

 

ドコモの携帯の流出が、止まらない!:

 

と言う新聞記事を、つい先頃、読んだことがあるが、いよいよ、我が家にも、その大きな波(ビッグ・バン)はやってきた。何せ、17年以上もの長きに亘って、我が家のドコモの牙城を唯一、一人で、守り抜いてきた私であるものの、既に、外堀は、とうの昔に、埋められていて、残りの家族3名共に、AUである。しかも、仲間内は、無料の通話、無料のメールで、私からのメールは、課金対象となり、文字数が多いとか、話が長いとか云われて、「不当な差別」と孤独な闘いを強いられてきていた。もっとも、NTTドコモが、好きなわけではない。散々、ISDNに騙された周回遅れのITユーザーであるが、何せ、地方では、とりわけ、里山では、電波が届かなかったり、繋がりにくいから、仕事には、なかなか、不便であるから、、、、等々、様々な口実を設けては、孤軍奮闘していたが、いよいよ、その牙城が陥落する時が参りました。光回線への変更、スマホ割り引き、番号ポータビリティー利用による0円乗換えサービス、一体、どうなっているのであろうか?今や、一つの電話キャリアーを長いこと使うユーザーには、全く、不利であることは自明の理である。我が愛犬ではないが、おいしいお肉を目の前にぶら下げられて、「待て!」を強いられて、知らず知らずの間に、歯の間から、だらぁーりと、涎が垂れてきたことを想い起こした。何とも、電話の向こうで、「こんなお得なキャンペーンに、何故、あなたは、乗り換えないのですか?おかしいですねぇ??」と言わんばかりのセールスの対応である。しかも、週末、今月末限定での限られたユーザー様限定であると、、、、、、。「てやんでぇ!こちとらは、江戸っ子だぁ。そんな目先の1円やそこいらで、まんまと、そんな手に乗るモンかぁ!」と、啖呵を切りたいところであるものの、情けなや!、この身の悲しさ、我が家の経費削減の仕分の最重要対象である以上、大きな圧力の前には、抗しきれません。(旧い冷蔵庫も、消費電力が多いという理由で、省エネに買いかけられ、太陽光パネルを屋上に設置して、売電して、、、、、と)、空しく落城であります。一応、モバイル・ナンバー・ポータビリティー申請書をもらう手続きをショップに、確認して、いよいよ、週末には、乗換えでしょうか?。もっとも、現役時代には、あんなに、頻繁に、24時間体制で、掛かってきた携帯電話も、海外出張や出先でのメール・チェックも、今や、必要が無くなってしまい、唯一、「命の電話」の役割が、その中心となってしまった以上、これも、時代の流れなのかも知れません。何とも、淋しいやら、一寸、情けないやら、、、、、、、改めて、時代の急激な流れの変化を、実感することになりました。NTTドコモさん、悪く思わないで下さい。アナタには、ISDN工事代金をたっぷり、貢ぎましたので、、、、、、、、。悪しからず、、、、、、、。