小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

世田谷区長による再生自然エネルギー推進への提言と目論見:

 

世田谷区長による再生自然エネルギー推進への提言と目論見:

 

保坂展人、世田谷市長による「都市の市民が共同で出資して小水力発電所をつくり、生みだした電気をPPS(特定規模電気事業者)に売って資金を循環させるような仕組みができないだろうか」という提言は、原発の再稼働推進や、ソフト・バンクの北海道でのメガソーラー発電の中止や先送り、或いは、発・送電分離の遅々として進まない動きなどの中で、地方行政首長として、多いに、注目に値するモノではなかろうか?本来の行政の在り方とは、こうした、住民の意思を如何にして、具体的な政策として実現可能にするかということが、問われるべきものであって、地方都市との連携、協定の推進は、今後の動向に、多いに、注視して宜しいのではないかと思われる。長野県などは、小水力発電の潜在的な可能性を多いに秘めていると謂われながら、なかなか、その動きが、遅々として、思った程には、具体化していない。むしろ、他県の後塵を拝するかの如き状況である。こうした世田谷区の提言に対しても、各長野県の首長は、積極的に、取り組んでもらいたいものである。情報発信を毎日している保坂展人、世田谷市長のFBやツィッターから、目を離せない。

 

太陽のまちから:

 

http://www.asahi.com/and_w/life/TKY201306040065.html