小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

続 「擬宝珠」を撮る

続 「擬宝珠」を撮る
玄関脇に、小さな擬宝珠が咲いていた。これは、又、小柄な余り大きくならないような別の種類であろうか、、、、、、、。何でも、花の名の由来は、橋の欄干に、飾りにつけられている葱坊主のような装飾が、この花の蕾に似ているところから、なまって、名付けられたと言われているそうである。花言葉は、落ち着き、沈静、変わらない思い、静かな人であると、成る程、昔の人は、うまく花言葉をつけたものである。確かに、そんな感じがする花である。属名のHosta Longipesとは、オーストラリアの医者、ニコラス・トーマス博士の名前に因んだモノであると、Longipesは、長い柄を意味するそうである。確かに、長く伸びきった先に、花が咲いている。

http://plumkiw948.at.webry.info/201008/article_33.html