小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

擬宝珠(ギボウシ)の花が咲く

擬宝珠(ギボウシ)の花が咲く
つい先頃までは、花が咲く気配がなかったのに、いつの間にか、花芽がすっくと伸びて、薄紫色の花を咲かせている。昨夜来の激しい雨に因るのだろうか、一寸、首をかしげて、横向きに、しな垂れかかってしまっていた。薄紫色の花の色合いも、何とはなしに、趣深いではないか?葉の紋様に対して、その花の色は、一寸、マッチしないような感が無くは無いが、逆に、少し、目立って、宜しいかもしれない。百合科に属するとあって、確かに、花の形をよく観察すると、一寸、百合の花を連想させなくはない。奧の方からは、どういう訳か、毎年、決まって、蒟蒻が、ニョッキと芽を出してくるが、今年も、又、元気に、葉を茂らせ始めたようである。