小諸 布引便り Luckyの日記

信州の大自然に囲まれて、老犬と一緒に、様々な分野で社会戯評する。

スポーツ

稀勢の里に思う

稀勢の里に思う: 何とも、糖尿病と闘い、苦しんだ往年のおしん横綱でもあり、又、師匠であった、隆の里親方にも、通じる土俵人生模様である。それでも、『そんなに急いで横綱にならずとも良い』とは、思っていたものの、瞬間的な短期的な二場所程度の勢いで…

パラリンピックに考える:

パラリンピックに考える: これまでの報道姿勢と、若干、NHKや新聞も含めて、パラリンピックに対する報道の姿勢というものが、異なっているように感じるのは、私一人だけであろうか?元々、障害者スポーツという一つの範疇でしか、健常者と称する我々は、見…

サイクリングの目線:

サイクリングの目線: 普段、車を運転していると、坂道でも、冷たい風も、何も感じることなく、アクセルを一発、一寸、ふかすと、ビューンと一気に、登ってしまうものである。もっとも、四国の一部巡礼の時には、自転車で、嫌と云うほど、山道の苦労を思い知…

なでしこにみる成果主義のツケ:

なでしこにみる成果主義のツケ: レジェンドも、結構なことであるが、個人競技とはことなり、団体競技の場合には、後進にそのポジションを与えてあげて、自分は、その経験とノウハウを生かして、指導者への途を歩んでもらいたいモノであると、勝手に、素人は…

角番大関が、果たして、横綱になれるのか?:

角番大関が、果たして、横綱になれるのか?: 優勝したご本人さまには、大変、失礼な言い方かも知れないが、それにしても、そんなに、科学的なトレーニングで、体幹を鍛え直したり、精神力を強化する策として、ルーティーンの琴バウアーを実施したり、新妻の…

BS『スポーツ・データ革命』:

BS『スポーツ・データ革命』: 野球のスピード・ガンに、昔は驚いていたり、テニスのウィンブルドンでのデータ分析に、成る程、凄いなぁとか、感心している場合ではないらしい。今や、この世界では、とんでもないことが、現在進行形中であることが、再認識さ…

死に寛容な国、日本:

死に寛容な国、日本: 北の湖理事長の現役の頃の強さを知っている相撲ファンであれば、その突然の死後に、マスメディアが、論評した一連の現役力士時代の輝かしい記録と、理事長時代での諸行に対するこれまでの鋭い批判の落差は、一体、何なのであろうか?そ…

障害者スポーツの必要性:

障害者スポーツの必要性: 鈴木大地スポーツ庁長官が、障害者スポーツセンターを視察したという報道があった。障害者であれ、健常者であれ、スポーツ競技を差別なく、行える場所と機会創出の必要性は、オリンピックに向けても、おおいに、考えなければならな…

国家ぐるみのドーピング違反か?:

国家ぐるみのドーピング違反か?: いつのことであったか、記憶も定かではないが、確か、カナダの100m短距離走者であったカナダのベン・ジョンソン選手が、薬物ドーピング違反で、メダルを剥奪されたことを想い出されるが、考えてみれば、個人では、メダルの…

七人制ラグビーをTV観戦してしまった:

七人制ラグビーをTV観戦してしまった: にわかラグビー・ブームなのであろうか?それとも、日本人特有の気まぐれな血が騒ぐ、一時の徒花なのであろうか?五郎丸に続けとばかりに、イケメン・ラガーマンや、恐らく、今後マスメディアが、続々と手ぐすね引いて…

本田の新たな挑戦:

本田の新たな挑戦: といっても、車のホンダの自動運転への挑戦ではない。サッカーのACミランの本田選手が、なにやら、チーム批判だけではなくて、今後の身の振り方も考えてなのかはどうかは分からないが、少年チームや海外の地方リーグのオーナーになって…

原辞任と伝統の呪縛:

原辞任と伝統の呪縛: 水原・川上・長嶋・王の時代での野球少年達は、今でも、大半が、巨人ファンなのであろうか?金満体質に陥って、FA制度を散々、しゃぶり尽くした挙げ句の果てに、若い前途有望な自前の選手達は、残念乍ら、他球団のようには、期待通りに、…

ジョーンズ・コーチの示唆に富む発言:

ジョーンズ・コーチの示唆に富む発言: ラグビー・ワールド・カップの出発時には、僅かの身内しか、見送らなかったのに、勝てば官軍並に、俄ラグビー・ファンが、増加して、それこそ、一億総五郎丸化のルーティンの仕草騒ぎで、まるで、前々回のなでしこワール…

ラグビー・ワールドカップ、24年ぶりの勝利という快挙?:

ラグビー・ワールドカップ、24年ぶりの勝利という快挙?: 別に、ラグビー・ファンではない。従って、よく、快挙なのかどうかが、実感されない。スポーツの実況中継というものも、悪くはないが、勝ったと云うことが判っている録画を観ることは、実に、楽しく…

相撲とSUMOU:

相撲とSUMOU: 相撲ではない。もはや、SUMOUだそうである。何故なら、幕内力士の約半数弱が、今や、外国出身の力士であるからだそうである。しかも、4場所全日程、大入り満員だそうである。何とも、不可思議なことである。八百長相撲に揺れたあの頃がまるで、…

身勝手なゴルフ私論:

身勝手なゴルフ私論: 若い頃は、一人でも、予約無しに、飛び入りで、シングルで、プレイをしたものである。別に、ヤクザの賭けゴルフではない。よく一人で、飛び入りに、この類がいて、素人は、ぼられると云うことを聞いたことがあるが、、、、、、別に、そういう…

今年初めてのゴルフ:

今年初めてのゴルフ: 前回、いつ何処でやったのか、想い出せない。あんなに、昔はやっていたのに、米国駐在時代には、週二回も、やっていたのに、どうしたものであろうか?もう、そろそろ、ゴルフも卒業なのであろうか?もう、18Hもやる必要も無い。一寸、…

これで、連続満員御礼というのは、本当なのか?:

これで、連続満員御礼というのは、本当なのか?: 別に、相撲ファンでもないし、かといって、アンチ相撲ファンでもない、まぁ、大相撲が開催されていれば、テレビ観戦を愉しまない必要もないので、毎場所、みることにしているが、何でも、連続して、満員御礼…

予行演習のサイクリングは、結構きつかった!:

予行演習のサイクリングは、結構きつかった!: 自転車での旅となると、それなりの時間をずと、自分の脚で、漕がなければ誰も助けてはくれない。有明のフェリー埠頭までの距離は、約25キロ弱だから、ナビタイムの自転車では、2時間一寸の予定である。もっと…

プロ野球の順位予想は何故当たらないのか?:

プロ野球の順位予想は何故当たらないのか?: 野球の解説者、或いは、評論家というものは、実に、責任がなくて、おおいに、宜しい、もっとも、ひとつだけ、その頭を悩ますのは、毎年、順位予想なるものである。これが、毎年、当たっている専門家が、とりわけ…

真壁のスィーツとハスキー本間コンビ:

真壁のスィーツとハスキー本間コンビ: 私、プロレスの味方です、ではないが、世に憚られる隠れプロレス・ファンである。といっても、最近では、余り、テレビの試合を見なくなっているが、、、、、、。この世界では、ベビー・フェースとヒールが、ハッキリし…

素人の目で楽しんで観る全豪オープン・テニス中継:

素人の目で楽しんで観る全豪オープン・テニス中継: スポーツは、少しでもやったことのあるものであれば、理解も早く、解説者のコメントも理解出来るが、プロの中でも、世界的なレベルに達してくると、恐らく、生で見るのと茶の間でテレビ観戦するのとでは、…

広島、黒田に男気を感じる:

広島、黒田に男気を感じる: 別に、広島出身でもないし、かといって、カープ女子ならぬ、カープ・ファンでもない。あえて、云えば、往年の懐かしき良き時代の草野球少年、プロ野球ファンであろうか?野球という球技は、個人プレーを基礎とするものの、やはり…

スポーツ観戦が続く:

スポーツ観戦が続く: 結局、いつものように、目覚まし時計をセットしたにも拘わらず、しかも、そんなに早くから起きてみていても、(ネットで、観戦しようとしたが)どうせ、3時間以上に及ぶ試合になるであろうから、8時頃からでも十分、観れるかなと予想し…

アスリートとコーチの間合い:

アスリートとコーチの間合い: テニスは、昔、子供達や女房殿と一緒に、米国で、練習したものであるが、打ちやすい方向へ、フォア・ハンドで、球を打つにも拘わらず、案に相違して、しばしば、逆方向へ、打ち返され、それでも、一寸、手の届く範囲であれば、…

スポーツTV観戦:

スポーツTV観戦: 失意の夏から再生の秋へと云うキャッチ・フレーズの下、何でも申請アギーレ・ジャパンが、スタートすると云うことである。それにしても、我が日本人は、過去の惨敗を総括することなく、未来志向(?)で再スタートを由とする民族なのであろ…

今期第二戦の出来は?:

今期第二戦の出来は?: いやはや、高原の気候というものは、東京とは全く異なるものである。猛暑から、一転、前日の夜は、もはや、肌寒いと表現した方が、良いくらいで、長袖のパジャマと毛布が必要で、窓はもちろん、しっかりと締めきっていないと風邪を引…

ワールド・カップに思う:

ワールド・カップに思う: 何処で、云われていたのか、良く、想い出せないが、何でも、「強いから、勝つのではない。勝ったものが、強いのである。」と、成る程、いつでも、歴史は勝者の歴史で、「勝てば、官軍」、スポーツの世界も、又、理屈や理論ではないのか…

世界標準なるものを考える:

世界標準なるものを考える: ザッケローニ監督のサッカー哲学は、ワールド・カップの前には、個人的には、密かに、評価もし、ひょっとすると、とかすかな期待もしていたものの、残念乍ら、やはりと言おうか、期待していると裏切られるという原則が、見事に的…

試合前予想の危うさ:

試合前予想の危うさ: 何でも、色々な法則を見つけ出してくるものである。先制ゴールをとったチームの方が、勝ち抜く確率が高いそうである。(それは、よく考えれば、確率論に過ぎず、何の保証でもないことを忘れがちである。)しかしながら、ブラジル戦をみ…